体内メーカー占い 福山雅治

体内メーカー占い 福山雅治の情報ページです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体内メーカーで福山雅治を占ってみました。

 Heart/you / 福山雅治



体内メーカー



福山雅治出演の『ガリレオ』初回視聴率24.7%。今年度2位の勢い!


 2007年度ドラマの初回視聴率は、4月期、7月期はいずれも20%に届かないちう状況やったが、今シーズン10月期では、11日(木)放送の『医龍2』(フジ系22時)が21.0%、15日(月)の『ガリレオ』(フジ系21時)では24.7%を獲得と好調。2007年度ドラマ初回視聴率ランキングでは、2位『ガリレオ』3位『医龍2』となり、『ガリレオ』は『華麗なる一族』(27.7%)に次ぐ今年2番目の好ダッシュちうことになりよった。

2007年度初回視聴率ランキング ※下段に表示(ビデオリサーチ関東地区)

 月9ドラマとしては、06年4月期の『トップキャスター』以来の初回20%突破(23.1%)となり、また06年1月の『西遊記』(29.2%)以来のハイレベルなデータとなるちうわけや。

 『ガリレオ』は、天才物理学者の湯川学を演じる福山雅治と、熱血刑事の内海薫を演じる柴咲コウがコンビを組み、物理化学やらなんやらを応用した難事件を解決していくちう、これまでの刑事モノとは一味ちゃうドラマ。放送前より、福山の4年半ぶりのドラマ出演、柴咲との共演やらなんやらが話題を呼んでいたちうわけや。

 オリコンがドラマ放送前に調査した『ドラマ期待度ランキング』では、『ガリレオ』が60.1ptで、2位『医龍2』の55.6ptを上回って1位を獲得。『ガリレオ』は、世代別にみても、中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代といった5部門の世代別ランキングすべてで1位を獲得する人気ぶりやった。

 幅広い読者層の人気作家でエンジニア出身でもある東野圭吾の短編小説集「探偵ガリレオ」「予知夢」をドラマ化した点も視聴率に好影響を与えたちうわけや。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000000-oric-ent
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。